fbpx

家庭用脱毛器 メリット デメリット

家庭用脱毛器 メリット デメリット

 

家庭用脱毛器は主にフラッシュ式とレーザー式と抜くタイプに分けられます。

このページではフラッシュ式タイプを他と比較しながらメリットとデメリットを紹介していきます。

 

 

  1. そもそも脱毛器のタイプや来店との違いとは?
  2. 脱毛するのに最適なタイミング
  3. 私がフラッシュ式を押す理由と表のまとめ

 

そもそも脱毛器のタイプや来店との違いとは?

 

タイプは主に上記にかるく見ていただいた通り3種類あることを示しています。

形は電動シェーバーの様な形かドライヤーの様な形がほとんどです。

では、どのような感じで使用していくのか見ていただくと

 

・フラッシュ式

今現在主流となっていおり、その名の通り気になる毛の部分をカミソリなどで処理した後、フラッシュの光を一瞬あてるててケアする方法

パワーも業務用レベルのものが多く存在する、ただしレベルを上げて連発しようとするとフラッシュの間隔が長くなりがち。

 

・レーザー式

同じく、気になるところカミソリで気になる部分の毛ををカミソリで処理した後、その部分にレーザーをあてる、

フラッシュ式と違うポイントは、レーザーをあてる時間が少し長いことやどちらかといえば一点集中型。

 

・抜くタイプ

これはピンセットで抜くのとは違い、一気に毛を抜くという電動毛抜きと思ってもらうと分かりやすいですね。

いったんカミソリで沿ってから2㎜〜3㎜程度、毛が伸びるのを待ってからケアにはいります。

もしくはバリカンの様な付属品が付いていることがあるのでそちらで毛の長さをそろえてから使用する。

 

・来店する

自分でケアするのではなく店に出向いてケアしてもらう。

種類が何種類かあるので説明しますと、まず医療脱毛と脱毛サロンに分かれていることです。

そこにフラッシュ式だったりレーザー式あるいはニードル式電気脱毛もあります。

本格的にするなら医療脱毛でしょう。

少しグレードとコストを下げてケアしてもらうのであれば脱毛サロンをおすすめすることができます。

 

・追記

家庭用脱毛器の特にフラッシュ式とレーザー式は永久脱毛ではないとされていますが、

そこまで太くない毛はもう一生、生えてこないのでは!?と思うレベルです。

その中でも、やはり芯が太い毛はしぶといのが使っていると分かってきます。

芯の太い毛も持続的にケアしていくと徐々に細くなっていき、皮膚から生えて黒い点が見えてきて

ここから伸びてくると観察していると、黒い点からなかなか伸びてこないので納得することができます。

電動毛抜きはまとめて、ただ抜くだけに過ぎないので抜いても、2日〜3日でまたすぐに

生えてきてしまうんですね。

店に来店するとどうでしょうか?

価格と時間との相談といった所になります。

1回の価格は定かではありませんが、1回あたりの費用と交通費

一回あたりにかかる移動も含めた時間、定期的に通うスパンで1年〜2年かかる可能性があります。

医療脱毛や脱毛サロンの種類や店舗によっても脱毛にかかる費用や時間などが異なってくるんです。

しかし脱毛を本当にしっかりやっていきたいと思うのであればこちらを選択支に入れることもあるでしょう。

 

 

脱毛するのに最適なタイミング

家庭用脱毛器は自分で選びやすく、人の目を気にすることなく空いた時間に手軽に処理することが可能です。

 

なぜ脱毛をするのかと言うと彼氏や彼女などから、スベスベで綺麗に思われ堂々としていられる、

衛生面からの点から見てVIOがお通じなどが付着しずらくなるので、とてもお勧めです。

ケアしているのとしていないのでは全く人から見て印象が違いの差が出てきます。

毛深い人が好きと聞いたことがありませんし、毛深い人はちょっと…となるのがほとんどではないでしょうか?

もはや早く実行に移す方が吉とでるはずですよね。

実際に介護施設で働いていたことがある私なんですが、年を取るとVIOの方はというと…

自動的にVIOの毛が薄くなるようです。

介護する側も介護される側にも負担が軽減されるんです。

しかし若い頃からモテたり、肌が綺麗と言われた方がよりいい人生になること間違いなし。

部分的な毛のせいで、敬遠されるのはもったいないですよね。

私の経験からすると20歳を越えたあたりから毛が生えていなかったところから

毛が生えてきて、元々毛が生えていた所がより一層濃い状態になりました。

夏に肌の露出の予定のある方は秋くらいから脱毛ケアをする事をオススメいたします。

その点を踏まえた上で早めのケアを心がけましょう。

 

VIO脱毛なら!脱毛エステ考案の脱毛器!脱毛ラボホームエディション

 

 

では、並べてみてメリットとデメリット見比べてみることにします。

 

私がフラッシュ式を押す理由と表のまとめ

 

 

電動毛抜き フラッシュ式・レーザー式 来店
コストパフォーマンス  

安いが、毛を抜く回数が頻回

 

購入費用はかかるが定期使用

 

相当な額になる

時間  

好きな時間を選べるがすぐに生える毎に使用

 

好きな時間で定期的に使用

 

予約、施術時間、移動時間がかかる

手軽さ  

生える毎に使用

 

定期的に使用

 

要予約

痛み  

どの部分であろうと痛みあり

 

VIOのデリケートな付近に痛みがともなう

 

塗り薬による麻酔処置の可能性あり

VIO  

炎症を起こしやすいため

 

VIO対応のものあり

 

見られることに抵抗がなければ

VIOケア時の恥ずかしさ  

VIOにそもそも不向き

 

人に見られないところで

 

完全にVIOが人目にさらされる

自由度  

防水使用のものもあり入浴時使用可能

 

気になる部位のケアいつでも

 

要予約の上に時間をとられ長期的ケア

手の届きにくい部分  

背面に難あり

 

背面に難あり

 

人に任せられるため

毛の生えにくさ本格度  

2日〜3日で生えてくる

 

剛毛には少々難あり

 

連発回数の速度の違いや電気脱毛あり

評価点数→   ✕:0点   △:1点   ○:2点    ◎:6点

総合評価 4点 14点 13点

私の主観での結果でした。

 

実際に電動毛抜きは旧式の方法だと認識しています。

もし仮にこれを手に入れるとやはりフラッシュ式やレーザー式が

欲しくなてっきたと思うようになるはずです。

やはりコストパフォーマンスが高く、実用的なフラッシュ式やレーザー式が主流になってきているのも納得できますね。

フラッシュ式やレーザー式は電動毛抜きと比べれば価格はグッと上がりますが、使い捨てではないので長く使うことができるはずです。

レーザー式と比べるとフラッシュ式の方が範囲が広いので、ケアが効率的になっていきます。

お金と時間に余裕があれば医療脱毛や脱毛サロンで完璧に仕上げるで間違ありません。

ですのでフラッシュ式でケアをしてから、どうしても残ってしまう剛毛などは医療脱毛などに来店してケアをしてもらった方がより一層コストパフォーマンスと効率が上がるのではないでしょうか。

 

髭脱毛ならメンズリゼ